現地現場主義に基づいた政策力
神奈川県議会屈指の政策通として活躍。地方自治の経験に裏打ちされた、地域の実情をふまえての現実的な政策構想力、交渉力。地域の方々とともに考え、未来を構想し、政策を実現出来る力です。本格派の政治家としての手腕を発揮します。



プロフィール
1962年12月11日生まれ
横浜国立大学大学院・経済学研究科修士課程修了

財団法人松下政経塾 第8期生(前原誠司元外相、玄葉光一郎外相と同期)
神奈川県議会議員(3期)、環境農政常任委員長等を歴任

県議時代より一貫して環境対策、ガン撲滅対策に取り込み続けている

2009年総選挙で初当選
法務委員会理事、外務委員会委員、社会保障と税の一体改革特別委員会委員、倫理・選挙特別委員会委員などを歴任。

現在
2012年総選挙惜敗。
捲土重来を期す。